『静かな雨』宮下奈都

静かな雨

あら、いい小説

 

新しく始めたお仕事のせいで全く本も読めず

ブログの更新もままならない最近。

図書館で待ってた この本がきたから ちょっと読んでみたら

あら、いい小説

 

宮下奈都の本ってどれも外したことないな〜って 今ふと思った。

hitsujimori
本屋大賞2016受賞作!!! おめでとうございます 第2の小川洋子 宮下奈都の本は を読んだことがある。 「まぁまぁいいな」位の印象しか残ってない
あれ?こっちの方が好きかも? 2016年の本屋大賞を受賞した宮下奈都さん。 http://book-holic.com/recommend/hitsujitohag

あとブログに書いてないけど

『太陽のパスタ、豆のスープ』も良かったです。

編み物の合間に読み始めて

サクッと1時間で読めちゃうボリューム。

メッセージがストンと落ちてくるし

隅々まで優しいお話。

そして、おいしいたい焼きが食べたくなる。

読んでる途中に、同じ経験はしてないけど

本質的に同じような答えを手にした感じがした。

短い小説だから、特に主人公やたい焼き屋さんの女の子に

思い入れるほどのエピソードはないんだけど

それでも、「あぁ、そういうことだよな」っていう

メッセージがちゃんと届いてくるお話だった。

それで、そのメッセージが正しいとか正しくないとか問題でなく

ポンっと目の前に置かれて、抵抗なくすっと受け入れられる

ある種の気持ち良さがありました。

って 思うのも 久々に本読んでるからかなぁ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です