「茶の人」とは?且坐喫茶|いしいしんじ

お茶の本 以前 この本を読んで、お茶の世界の素晴らしさに触れた。 それまで お茶ってお稽古事の一つで 形式張っていて堅苦しく縁のない世界だと思ってた。 お花や着付け、舞踊やお琴などと同様に。 しかし お茶の世界はまるで宇…

「悲しみ」と向きあうこと

若松英輔エッセイ集 悲しみの秘義 先日Titleさんで見つけた本。 悲しみを通じてしか見えてこないものが、この世には存在する。 じつは手に取る時に 「悲しみ」という言葉に少し戸惑いがあった。 重いテーマで、暗そうな印象だ…

【祝婚歌】二人が睦まじくいるためには

祝婚歌 祝婚歌 二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい 立派すぎることは 長持ちしないことだと気付いているほうがいい 完璧をめざさないほうがいい 完璧なんて不自然なことだと うそぶいてい…

【BRUTUS】とにかく楽しい小説特集

夢中の小説 役に立つかは気にせずに、とにかく楽しい小説特集     インターネットを覗いても、テレビを眺めてみても、世の中ライフハックな情報で溢れてる。 「あと3時間早く帰れる仕事術」「絶対後悔しない…

【プラテーロとわたし】ふわふわの甘い詩集

どのページを開いても美しい散文詩 ヒメネスをご存知でしょうか? 1956年にノーベル文学賞を受賞したアンダルシア出身の詩人です。 私の手元にある版はフォア文庫の詩集は イラストが長新太なので それも好き。 プラテーロ プ…